坂井能大のブログ ~米国法で運営されるFC2ブログへ引越しました~ 従軍チャプレン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従軍チャプレン

日本ではキリスト教主義の学校や保育園、病院や施設等に「チャプレン」がいます。専属でチャプレンをされている場合もあれば、普通の(?)教会の牧師がチャプレンを兼ねている場合もあります。



外国では警察や消防、刑務所や軍隊にもチャプレンがいる場合があります。私が小学生の頃に読んだ『若草物語(Little Women)』では、4姉妹の父親が従軍牧師であり、チャプレンの中でも特に「従軍牧師」について興味を持っておりました。





従軍牧師についてNETで調べる中で、北海道大学の石川明人助教のページを発見しました。日本でも研究をされている方がおられることを知り、嬉しく思っております。



【 アメリカ軍のなかの聖職者たち 】

http://hb6.seikyou.ne.jp/home/iakito/chap/chaplain.html



ここでは『プライベート・ライアン(Saving Private Ryan)』に登場するロザリオを持った従軍チャプレンの画像が紹介されています。このように「従軍牧師」であると断言できない場合には石川助教に倣い、「従軍チャプレン」という記述で統一したいと思います。



ある時、インマヌエル浜松キリスト教会の田辺牧師とこのシーンについて話し合った時、



「果たして、あのような状況の中で働けるだろうか?」



と言われたことが思い出されます。多くの牧師が同じような自問自答をされたのではないでしょうか。





ところで、同作品でライアン夫人に3人の息子達が戦死したことを伝えた二人のうち、ラウンドカラーの人物も従軍チャプレンであると推定されます。







他にも、従軍チャプレンが登場する映画が紹介されていますが、私は『カジュアリティーズ(Casualties of War)』もお勧めします。この映画ではメソジストの従軍牧師がいい味を出していますので、改めてブログで書きたいと考えております。



私の出身教派の従軍牧師ですが、今はイギリス軍とオーストラリア軍にしかいません。こちらでこれまでの歴史やエピソード等が簡潔にまとめられていますので、興味のある方はお読み下さい。



救世軍の陸海軍人伝道と戦時難民救済事業

http://majormak.blogspot.com/2011/10/blog-post_26.html



そういえば、従軍牧師としてイラクに行った「同僚」の写真をどこかで見ましたが、どこだか忘れてしまいました…多分シリーズ化しますが、更新は気長にお待ちくださいませ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bellsheep

Author:bellsheep
JEA(日本福音同盟)加盟、NCC(日本キリスト教評議会)教育部・女性委員会部分加盟のメソジスト系教派出身です。遠州地区牧師会、会津キリスト教連合会の諸先生方に大変お世話になりました。

あ、統一協会の元(?)幹部が設立した某団体の関係者が「クビ」になったとか適当なことを言ってますが、勿論事実無根です(笑)

それと、自称(?)カルト専門家のブログからは一部の自称被害者や支持者もすっかり消えて静かになったのは大変喜ばしいことだと存じます(笑)

連絡先
bellsheep★gmail.com 
(↑★を@に変えて下さい)

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プラグイン色々








gogo.gs
忍者
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。