坂井能大のブログ ~米国法で運営されるFC2ブログへ引越しました~ 2012年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道教育委員会は、教員免許更新制について学んでください

私の友人は、しばらくは普通の仕事をしていたものの教師の道を志すこととなり、猛勉強のおかげで(?)北海道の教員採用試験に合格し、この春より晴れて、道内のある高等学校で教壇に立っています。

しかし最近になって上司である校長より、
「現状では無免許状態で教壇に立っている」
「講習を受けた後、臨時教員として採用する」
「改めて教員採用試験を受け直す必要がある」
という様なことを告げられたそうです。

私なりに翻訳しますと、
「教員採用試験の合格は無効。今は無免許状態だけど講習を受けたら臨時教員として採用してやるけど、もう一度教員採用試験を受けてね」
ということになります。

最大の疑問点は、何故、北海道教育委員会が教員採用試験を受験させ、採用した後で無免許状態と指摘するのかというこの一点に尽きると思われます。


今回初めて知ったのですが教員免許更新制なる制度が始まっているようです。


本人は平成15年に高等学校教諭の普通免許状(いわゆる教員免許)を取得しました。もし早く教師になっていたとしたら、現在は講習を受け、教員免許が更新されていたはずだったのです。しかしこの制度には微妙な側面があります。「教師になっていなければ、講習は受けていないけど教員免許は有効なので履歴書には資格として書いていいですよ」という扱いになるらしいのです。

興味があったので色々と調べてみたのですが、北海道教育委員会のHPの中に、文部科学省の文書がUPされていました。
『<解説> 教員免許更新制のしくみ』 文部科学省初等中等教育局教職員課 平成20年11月

上記の解説を拝読しますに、やはり北海道教育委員会や校長の対応・言動には問題があると思われました。

■重要なポイント①■

(上記解説8ページより引用)
「ⅱ)教員採用選考試験の受験について
教員採用選考試験では、免許取得(見込み)が受験資格になっていることから、
○有効期間が満了して免許状が失効している人(修了確認期限までに更新講習を受講・修了していない人)も、教員採用選考試験を受験できるのか
○免許状が失効した人(修了確認期限までに更新講習を修了していない人)が採用で不利にならないような措置・通達などは講じられるのか
が問題となります。文部科学省は、教育委員会などの教員の任命権者に対して、免許状が失効している(修了確認期限までに更新講習を受講・修了していない)ことをもって、教員採用試験において受験させないことや不合格とすることがないよう要請してまいります。」
(以上8ページより引用)

個人的には「指導」ではなく「要請」という言葉を使っている点が非常に気になりますが(笑)

■重要なポイント②■

(以下19ページより引用)
「8.有効期間の延長(修了確認期限の延期)
免許管理者は、やむを得ない事由により免許状更新講習の課程を修了できないと認められるときは、相当の期間を定めて、免許状の有効期間を延長(旧免許状の場合は修了確認期限を延期)することができます。
この場合は必ず免許管理者に申請を行う*8必要がありますので、ご注意ください。
ここでいう「やむを得ない事由」とは次のとおりです。
①指導改善研修中であること
②休職中であること
③産休、育休、病気休暇、介護休暇中であること
④地震、積雪、洪水その他の自然現象により交通が困難となっていること
⑤海外派遣中であること
⑥専修免許状の取得のための課程に在籍していること
⑦教員となった日から有効期間の満了の日(または修了確認期限)までの期間が2年2ヶ月未満であること
⑧その他免許管理者がやむを得ないと認める事由があること
なお、具体的な延長のイメージは図5に示すとおりです。修了確認期限の延期の場合も同様の扱いになります。
また、旧免許状の場合には、以下の場合にも修了確認期限が延期できます。
①所持する免許状の授与の日から修了確認期限までに10年経っていない場合
②修了確認期限が平成23年3月31日であり、平成22年の末日において免許状更新講習の課程を修了していない場合(この場合は2ヶ月間の延期)
※なお、有効期間の延長ができるのは、受講対象者のうち、9ページの(1)①~④に該当する方、修了確認期限の延期ができるのは、更新講習の受講義務がある方(6ページ参照)です。」
(以上19ページより引用)

「⑦教員となった日から有効期間の満了の日(または修了確認期限)までの期間が2年2ヶ月未満であること」がバッチリ該当しますね(笑)
なので、終了確認期限の延期を行えば、堂々と教壇に立てるのではないかと思われます。


本人には、この2点を校長(を通じて、自動的に北海道教育委員会)に確認させるように伝えましたが、文部科学省の「要請」を認識し、「有効期間の延長(修了確認期限の延期)」を行えばこの問題は解決すると思われます。

もし解決しない場合には臨時教員としての任命を拒否し、このような戦い方をするようにとアドバイスしました。
①文部科学省に直接問い合わせ、北海道教育委員会の方と話をして頂くように頼む。
②『北海道新聞』他の報道機関を訪れ、北海道教育委員会の理不尽な対応を訴えて報道してもらう。
③弁護士を通じて内容証明郵便を送付し、争うのならば法廷において徹底的に争う。

最後になりますが、本人の承諾は得ておりますが、北海道教育委員会の承諾は勿論得ていません。非常に公益性が高い問題であると勝手に判断しておりますので、進展があれば改めてお知らせしたいと考えております。
(つづく)
スポンサーサイト

東京電力はごまかしがお好き(笑)

お久し振りです。
いやー、ブログ更新も久し振りなのですが、今回は「地震雷火事名無し(空)」さんのレスをご紹介します。
先程知ったのですが、やっぱり2ちゃんねるには鋭い指摘が多くて勉強になります。


福島第一原子力発電所 プラント関連パラメータ 2012年7月4日 11:00 現在より、一部抜粋します。
1号機 3.30m
2号機 3.47m
3号機 5.59m
4号機 44.36×100mm ←4.4mです。

どうして4号機だけ単位を変えているのでしょうか?
これは、冷却水漏れ等で水位が下がったような場合に、一般人に気付かせにくくする東電の工夫かも知れません。

やっぱり豪快に解体しすぎて、冷却配管がどこかで損傷したのは事実っぽいですね。
カナフレックスなんかペランペランの樹脂ですから、ガラや鉄筋が直撃しただけで使用不能です。

明日以降しばらくは、4号機の水位に注目しても損はないと思います。
プロフィール

bellsheep

Author:bellsheep
JEA(日本福音同盟)加盟、NCC(日本キリスト教評議会)教育部・女性委員会部分加盟のメソジスト系教派出身です。遠州地区牧師会、会津キリスト教連合会の諸先生方に大変お世話になりました。

あ、統一協会の元(?)幹部が設立した某団体の関係者が「クビ」になったとか適当なことを言ってますが、勿論事実無根です(笑)

それと、自称(?)カルト専門家のブログからは一部の自称被害者や支持者もすっかり消えて静かになったのは大変喜ばしいことだと存じます(笑)

連絡先
bellsheep★gmail.com 
(↑★を@に変えて下さい)

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プラグイン色々








gogo.gs
忍者
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。